★和解期間に制限有り!b型肝炎訴訟に心当たりがある人は弁護士事務所に相談しましょう!!★

b型肝炎訴訟とは、昭和23年から昭和63年の間に、国による集団予防接種を受けた人で、注射器の使い回しが原因でb型肝炎ウイルスに感染した方が、国の法的責任に基づく損害賠償等を求めた裁判です。この一連が原因でb型肝炎ウイルスに持続感染した方が、40万人以上存在すると言われています。長いb型肝炎訴訟の裁判の末、原告団と国との間で和解が成立し、平成24年より、給付金が支給される「特別措置法」が施工されることになりました。給付対象者は、7歳になるまで、集団予防接種の際の注射器使い回しに伴う、b型肝炎ウイルスに持続感染した方と、その方から母子感染した方およびその相続人としました。支給される金額は、病態の区分に応じて異なっており、無症候性キャリアの方で50万円から、死亡・重度の肝硬変・肝ガンの方で3,600万円と、和解金が変わってきます。b型肝炎訴訟関連で最も注意しなければならないのは「和解期間」で、特別措置法による和解期間は、平成24年1月13日から平成29年1月12日までの5年間が救済期限となっているため、その期日までに国に対して請求の訴えを起こす必要があります。弁護士事務所では、給付金請求の無料相談などb型肝炎訴訟関連の一連の手続きを相談することが可能なので、和解期間のうちに早めに相談しましょう。b型肝炎訴訟情報ナビでは、b型肝炎の症状や訴訟の手引きを紹介するとともに、給付金請求で実績のあるおすすめの法律事務所を紹介しています。b型肝炎訴訟に心当たりがある人は、この機会に自分も給付対象であるか調べてみてはいかがでしょうか。